洗い方を知ろう | マラセブシャンプーで皮膚炎治療。ジェネリックで安価に買えます。

洗い方を知ろう

3錠の薬と水の入ったグラス

マラセブシャンプーを使用しマラセチア皮膚炎を治療したいと思った時には知っておくべきことが有ります。
それは何かというと、身体の正しい洗い方です。
身体の荒い方に正しいも間違ってるもないだろう、というふうに思うかもしれませんが、実はちゃんとした洗い方というものが存在しており、それを知らずに体を洗ってしまうと、マラセチア皮膚炎の症状というのは一向に改善されないのです。

まず体を洗う際には、体毛を洗うのではなく地肌を洗い、地肌に付着している油やマラセチアを取り除く必要があります。
なので、体を洗う際にはしっかりと体毛をかき分けながら洗ってあげるようにしましょう。
そして体を洗う際には、普段は洗い忘れてしまような尻尾の付け根や足の指の間、耳の生え際といった部位も丁寧に洗い、体表全てにマラセブシャンプーが付着した状態にし、そのまま10分ほど置いて体中の汚れや油が浮き上がった状態にした後に、全身をシャワーなどで綺麗に洗い流してあげましょう。

洗い流した後、そのまま身体を軽く拭くだけで後は自然乾燥でも良いと思う人もいるとは思いますが、体の表面に湿気が残っていた場合、その湿気で微量に残ったマラセチアが繁殖する可能性があります。
なのでタオルドライなどで体の水分をとった後は、冷風や低温のドライヤーを用いて体の水分を綺麗に飛ばしてあげるようにしましょう。