垂れ耳の子は注意 | マラセブシャンプーで皮膚炎治療。ジェネリックで安価に買えます。

垂れ耳の子は注意

黄色い下地に白い薬

マラセブシャンプーを使用して治療することができるマラセチア皮膚炎ですが、実はこのマラセチア皮膚炎というのは、発症しやすい犬種というものがあります。
その犬種とは一体何かというと、ダックスフントを初めとする垂れ耳と呼ばれるような大きく垂れ下がる耳を持った犬です。
このような垂れ耳を持つ犬がどうしてマラセチア皮膚炎を発症しやすいのか、それはマラセチア皮膚炎の原因となるマラセチアという菌が関係しています。

マラセチア皮膚炎の原因となるマラセチアという菌は、真菌と呼ばれる種類の菌です。
この菌というのは、私達の生活にも非常に身近な菌であるカビの一種です。
カビというのは湿気が多い場所で爆発的に増殖するという特徴があるのをおそらく多くの人が梅雨時などに実感した経験があると思いますが、この梅雨時のじとじとした湿気と同じような環境にあるのが、垂れ耳を持つ犬の耳と頭の接している部分なのです。
この部分というのは耳と体毛によって上からカバーされており、更に普段から風通しが悪い部位のため、どうしても湿気が溜まりやすいのです。
そして、湿気が溜まった状態でマラセチアが増殖することによって、初めは耳元だけだったマラセチアの増殖部位が徐々に広がっていき、最終的には身体中にマラセチアが広がり、マラセチア皮膚炎を発症してしまうのです。

このような理由があるため、マラセチア皮膚炎というのは垂れ耳を持つ犬が発症しやすいと言われています。
なので、もし自分の飼っている犬の耳がピン、と立っているのではなく、ロップイヤーラビットのようにダランと垂れているのであれば、普段から丁寧にシャンプーを行い増殖を未然に予防する、定期的に耳を持ち上げて風を当て湿気を飛ばしてあげる等の対策を取りつつ、マラセチア皮膚炎を発症した際には、マラセブシャンプーなどを使用し、速やかに治療を行ってあげるようにしましょう。